読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット上で誰かを見つける

先日、あるブログにて匿名のアカウントから別のSNSアカウントを発見し、個人名までたどり着くと言う恐ろしいエントリがあげられていた。*1

 

相手がインターネットに無知で何の対策も取っていないと、ネットストーキングはとても簡単だ。私も昔思い付きで他人の意外なアカウントを見つけてしまったことがある。私は彼女に何もしなかったけど、その気になれば悪意を持ってさらして笑いものにすることだってできた。

stylo.hatenablog.com

 

私がインターネットに詳しく、自身で取れる対策をとっていたとしても、安全とは限らない*2

たとえば私がtwitterを匿名でやっていたとしても、私の友達が個人を特定可能な形でアカウントを運営していると、facebookなどのつながりを参照して私を発見することが可能だ。

さらに友人にインターネット・リテラシーがないと、だれそれといつどこに行くということまで一般公開していたりするので、下手をすると実際の私に会いに来ることができてしまう。

 

じゃあどうすべきだろうか。

結局のところ、匿名だろうと何だろうと目をつけられないようにまともなことのみを発信するしかないのだろう。にちゃんねるですら、個人情報流出が起こり有名人たちが自身の発言を晒されていた。あとは、facebookアカウントは成りすまされるまえにアカウントのみとっておくぐらいだろうか。

 

他人を誹謗中処しているアカウントが晒されても誰も同情しないが、まともな発言をしているアカウントがネットストーキングされれば、晒したほうが非難を受ける。そういう意味でもおかしな発言を撒き散らすのは避けたほうがいいだろう。

 

匿名の世界と言っても、結局は現実とは地続きだ。ガス抜きのためのインターネットで、現実がめちゃくちゃになるだなんて冗談ではないと思う。私も気をつけたい

*1:悪用が恐ろしいのでリンクは張りません

*2:実際のところ、雨が降った晴れたと言う情報だけでも、住んでいる大体の場所が割り出せてしまう。リアルタイムで情報公開する場合、SNSでは対策は難しい