読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育会系のつらさ

私は体育会系のクラブや部活に所属したことがない。万年インドア派。

スポコンのノリを見ると、元気だなーとのんきに思ってしまうタイプだった。 

彼らは上司のうけがよいので、社会でもすいすい元気に泳いでいて、すごいなーと思ってみていた。

 

president.jp

そんな中、20代でうつになる体育会系出身者もいる。信販業の人事課長はこう語る。

「もちろん体育会系に限りませんが、体育会系の社員は突然うつが発症するのです。おそらく上下関係の厳しさを刷り込まれていて、たとえつらくても飲み込んでしまうクセがあるので、会社に入っても同じように飲み込んでしまう。周囲は気づきようがないので、突然バタッと倒れてしまう。どうも体育会系出身者の耐久性が落ちているように感じる」

 

 

「体育会系の社員は突然欝が発症する」といえるレベルで鬱病を社内で見てきたのであれば、それは社員のせいじゃなくて会社のせいではないか?

「体育会系は突然・・・」と体育会系ではない人たちと比較しているので、体育会系でなくても欝を発病しているということだよね。

 

鬱病になるレベルの耐久性ってなんだ?どれだけ残業させてるのだろうか。

 

自己管理は社会人の基本とは言うけれど、あまり続くようなら会社の体制が変なのかもしれない、と組織のことを疑ってもいいんじゃないだろうか。