読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が大好きな人たちと認知のゆがみ

人間たいていの人は話し合えば分かり合えるとはいいますが、認知がゆがんでいる場合はできません。認知のゆがみという相手の根本的問題を解決する必要が出てくるからです。そして、往々にして認知のゆがみは解決できません。

 

私は昔。自己愛性症候群らしき人と遭遇したことがあります。

自分の実力を信じて疑わず、それゆえに周囲の認識が狂っている人たちです。すべての情報が、自分はすごいフィルターを通しているので、何があっても自分は正しいという前提が崩れません。

 
彼女と初めて会ったのは私が高校生のときで、最初の印象は物怖じしない社交的な人、よく話す明るい人、と言うイメージでした。
 

彼女はいつも自慢話をしていて、最初は「すごい」と周りに言われるものの、次第に実力が露呈していき、「あの人はちょっとうそつきだよね」と言われていました。たとえばマラソンが得意だと言っていたのにマラソン大会では真ん中ぐらいの順位だったり、自分は頭がいいと言っていたのにいくつも赤点をとって部活ができなくなったり、つまらないことと言えばつまらないことなんですが、そういうことを繰り返して信用を失っていきました。

また、他人とのトラブルが多く、自分が悪いケースでも相手を悪く言うので、次第に人が離れていきました。1・2度なら相手が悪いと言う主張が通ることもあるものの、何度も繰り返すと周りもだんだん、アレおかしいぞ?となって行きます。たとえば、部活のレベルが低くて物足りないからやめた、と言っていたのに、実は赤点を取りすぎたために部活停止処分になったことがあきらかになりました。黙っていれば赤点とは周りにはわからなかったのに、部活の悪口を部長の前で何度も繰り返し言ったので部長とけんかになり、話しが広がったそうです。

悪口が愚痴が多く、本当とうそを取り混ぜた話をして、気に入らない人間の評判を下げるようなことをいう傾向があります。

 

彼女の場合は、彼女が社交的に見えたのはに積極的に話しかけないと孤立するからでした。彼女といたときに偶然会った彼女の友達たちはみな携帯をいじって生返事したり彼女の目を見ない、を徹底していました。最初は変な人たちだと思っていましたが、友達と思っていたのは彼女だけだった、と言うのが真相でした。

 

正直に言って、大なり小なりこういう人たちはいます。自分のことをすばらしいと手放しで考えているので、自分を"攻撃"してくる人には容赦がなく、悪口陰口嫌がらせを行ってきます。

実力がない証拠があったとしても(マラソン大会の順位、体力テストの数値、定期テストや実力テストの点数など)、すべて捻じ曲げられ、自分ではなく周りが悪い、と言う結論になります。

話し合いが通じない人々なので、絶対にターゲットになってはいけないです。うそをつくことに抵抗がないため、風評被害が発生する恐れがあります。職場の人だったりすると精神をやられかねません。

戦おうとして、事実を述べても以下のようなことになります。

自己愛モテ女子に事実を述べるとウンコを投げつけられる

papuriko.hatenablog.com

私の場合は戦うつもりも何もなく彼女の覚え違いを指摘した際に、「あんたとしゃべってると頭が痛くなる」と言われました。険悪な雰囲気で別れたものの、その次の日には何もなかったかのようにニコニコはなしかけてきて若干恐怖を覚えました。当時は別の人がターゲットになっていたので、私と仲良くしたかったようです。

相手にダメージを与えるような行為を行うことにまったく抵抗がない人々です。うそをつくことにも抵抗がないので、ひどいうわさを流されるケースもあります。

 

じゃあどうするべきかというと、知人・友人関係であればとにかく反応せずフェードアウトするしかありません。

職場関係の場合は、褒めておけば機嫌がいいので、適当に褒めてあげるしかありません。ふーんとかへーとか言うのもありです。たまにすごいねーを混ぜてあげると機嫌がいいです。

書いてて子供のあやし方のようだなあ、と思いましたが、身の回りにいると精神的にとても疲れます。私も最終的に絶対に目を合わせないというかたちになりました。