読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の強み、ストレングスファインダーの感想

ストレングスファインダーと言うのがありまして、これを受けると自分がどういう人間なのかわかるだそうです。

 34つの指標のうち、上位5位を教えてくれます。正直言って問題数が多くて疲れました。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 私の場合は、収集心、学習欲、内省、着想、戦略性、親密性の6つがでました。

いいところをまとめると、知りたがりで、学習意欲があって、ものを考えるのが好きで、新しいアイデアを考えるのが好きで、適切なパターンと問題点を直ちに予測でき、目標達成のため友人と努力することに満足する人です。この診断は人のいいところを見つけるものなので、降格と大変立派な人のように映りますね。

 

確かに、情報を集めたり書籍を読んだりするのは好きですし(収集心)、学習するのが好きで役に立たなさそうなことでも学習しようとし(学習欲)、人に話すわけでもないのにブログ書く前からここに書いているようなことをつらつら考え(内省)、変な思いつきをするのが好き(着想)ですね。戦略性はよくわからんです。

 

ちなみに、高い追加料金を払うと、34全部の順位を教えてくれます。

信念、ポジティブ、包含、社交性、競争性が下位5位です。人と比べて勝ちたいと言う気持ちがあまりないので、競争性が低いのは納得ですが、社交性はなきに等しいのでこれが34位でなかったことに驚きです。

 

仕事ライフハックなんかで"人脈をつくれ"、とありますが、わりと苦痛に感じるタイプでした。上記の結果を見て自分の場合は人脈に重きを置くよりも、使えるスキルを習得しようとするほうが効果的だと感じました。

 

なお、自分で自分のことを答えているので、客観的に見ると自分は"こういう人"ではない可能性もあります。私自身ある場所では社交性を発揮していたりもしますし、学校の成績競争やら受験競争やらでは強かったです。他人にやってもらったらまったく違う結果が出るかもしれません。

自分の才能と言うより、自分にとって苦痛ではないことは何か、すすんでやりたがることは何か、というリストなのではないかと思います。これから就活する人、転職を考えている人、とにかく何をしたいか良くわからない人などは受けて見ると良いかもしれません。