読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痴漢は男性の敵でもある

多くの痴漢被害者は女性なので痴漢は女性の敵だと認識されている*1

痴漢被害の記事に対する男性の反応はさまざまだ。はてブだと、被害者への同情もあれば、痴漢の存在への懐疑的な反応もあり、被害者の落ち度を指摘するコメント、痴漢冤罪に関するコメントもある。

あからさまに加害者側をかばうコメントを見て、男性にとって痴漢は敵ではないらしいという気持ちにすらなった。たかだか性別が同じだからって自分が責められているかのように感じる必要なんてないと思うのだが、なかなかそうはいかないらしい。

 

例えばだが、痴漢冤罪でお金を騙し取ろうとするのは女性ばかりだ!、といわれても、そうですかと思う。確かに私とその人々は女性という共通点があるが、逆に言えば共通点はそれしかない。 別に後ろめたく感じるところはない。早いとこ法律が整備され詐欺師が早くつかまればいいのにと思う。

 

常々思うのだけど、痴漢というものは実は男性の敵でもあるのではないだろうか。本当は男女関係ない問題だと思う。

多くの男性は痴漢合うことなく過ごしていると思うが、痴漢冤罪を恐れる人は多いようだ。私の周りにも、満員電車で通勤・通学する人がおり、なかには痴漢冤罪を恐れている人がいる。

もちろん、痴漢冤罪の話の直接の加害者は被害をでっち上げる女性であることは明らかだ*2。冤罪がまかり通ってしまう理由は、冤罪被害の可能性を考慮していない警察の捜査や痴漢を取り巻く裁判環境などがある。

とはいえ、痴漢冤罪被害が多く存在する理由のひとつは痴漢が大量に存在することだろう。

 

多くの男性は直接痴漢から被害を受けているわけではないだろうけど、間接的に負の影響を受けてるのではないだろうか。

被害をこうむっているのだから、痴漢は男女問わず社会の敵ぐらいに思っていいと思う。

*1:男性あるいは女性が男性に対して行うケースもちろん存在する

*2:男性で痴漢冤罪をでっち上げた人はいるんだろうか?