読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの常識は私の非常識

昔近所の道場に護身術を習いに行ったことがある。

入って一ヶ月ぐらいしたところだろうか、初心者だけ分けられて入り口近くで教えてもらっていたら、はじめて見る男性が入ってきた。その人は挨拶をしてそのままその場で着替え始めた*1

 

遅れてやってきたその男の人は、私の真後ろで着替え始め、ついにはベルトを外し始めたので、トイレで着替えてくださいと言ってやめてもらった。
 
このことを知り合いに怖かったこととして言ったところ、気持ち悪いという私の感想に大体の人が同意してくれたのだが、一人だけなんとも言えない表情で黙ってしまった人がいた。
 
その人は大学で護身術を習っていた人だったので、嫌な思いをさせてしまったかな、と思ったのだが、ふとしたことで、もしかして大学の部活やサークルだと雑魚寝が当たり前のところがあるから、その延長線上の感覚なのだろうか、と思いついた。
後日そのことを聞いたところ、その人は大学の部活で武道をしていて、「大学ではそれが普通だった。正直に言ってそんなにおかしなこととは感じない」といった。
 
あのとき、その場にいた女性が私だけだったというのもあるだろうが、先生や周りの人が止めなかったのは、そういうことだっただろう*2
 
大学の部活はそうかもしれないが、街中の道場では老若男女いろいろな人がいて、大学以外から始める人はごまんといる。だから、私からすると女性がいる場(それも初対面の人の前)でズボンを脱ぐというのは変態行為でしかなかった。
正直、この点は今でもそう思っている。
 
ただ、このことがあって、ある場所での常識は、それを共有していない人にとっては非常識になる、ということをあまりわかっていない"大人"は結構いるのだ、と思った。
 
考えて見れば、某国の軍隊などで新入隊員がひどい"通過儀礼"を経験させられたり、物を壊したり怪我させるようないじめが存在したり、ある組織でしか存在しないルールや理不尽なことはたくさんある。
 
自分が、ある組織以外では通用しないような"常識"を元に、他人を不快にしてしまうような言動をしていないか、時々気になってしまう。
暴力は振るわないので、暴行はしないけども、言葉に関してはなかなか難しいと感じることが多い。

*1:その人は道場主の大学の後輩だったそうだ。

*2:とはいえ、その道場ではそんなことをした人は後にも先にもその人だけだった。